緑内障は早期発見が肝心|失明の危険性を乗り越えよう!

医療

失明の危険性大

目元

日本人は緑内障になり中途失明をする方が数多くいます。この緑内障は進行に気づかないというようなケースが非常に多く、気づいた時には重症化しているパターンが見受けられます。原因や症状を知っていると早期に眼科へ受診出来るでしょう。

緑内障には2種類あります。1つ目が急性緑内障、2爪が慢性緑内障です。
急性緑内障は隅角が詰まり閉塞状態を起こしています。頭痛や嘔吐、目の痛みや充血、腹痛、視力低下、発汗などの症状が表れます。そのため、脳や内臓系の病気を疑われることがほとんどで、発見が遅くなってしまいます。急性緑内障は素早い治療をしなければ失明のリスクが高まるため、このような症状が続くようであれば眼科への受診も検討した方が良いです。
慢性緑内障は進行しなければ症状に気づくのが遅いです。気づいた頃は大分進行しているというのが現状でしょう。片目が視野欠損をしていても、健常な方の目が補っているため気づきにくいのです。そして、中途失明に陥ってしまいます。
眼圧が高い方は緑内障を患う危険性が高いため、健康診断を受けてみた方が良いでしょう。コンタクトレンズを作る時にも検査が組み込まれています。

治療は点眼や内服薬、レーザーや手術によって行なわれます。それぞれ症状の進行度によって受ける内容が異なってきますので、医師に診断をしてもらわなければいけません。点眼や内服薬は気軽に受けられますが、レーザーや手術は恐怖感を感じる方が多いでしょう。その点の話しもしっかりと聞いて、自身に効果的な治療法を選択しなければならないのです。

視力を計る女性

コンタクトで治療可能

今人気のある視力矯正方法が、オルソケラトロジー治療法です。コンタクトレンズを利用した治療法のため、気軽に受けやすいと評判になっています。効果の差はバラバラですが視力が1.0も回復する方もいます。

詳細を読む

眼

レーザーで視力回復

以前からある視力矯正の治療、レーシックはレーザーを利用した治療内容となっています。光の屈折を利用して行なうのですが、点眼麻酔をするため術中の痛みはありません。東京で技量のある医師を探し治療を受けましょう。

詳細を読む

視力検査

映像が鮮明になる

目にレンズをインプラントする視力矯正を受けることで、視力は回復します。麻酔をして切開を行なうため痛みはありませんし、怖い縫合をする必要もないです。素材も目に害がないため安心です。

詳細を読む